他サイト様の更新情報


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

ガンダム無双3 初のお披露目ブロガーミーティング



ガンダム無双3
初のお披露目ブロガーミーティング

先行体験会に参加してきた♪



あと、前作で面倒だった友好度システムの有無も聞いてきました。
他にもコントローラ詳細やプレイ画面詳細なんかもあるよ♫


写真の数が多くなっちゃったので「続き」からどうぞ


◆タグ
【5大ポイント】
 ◇ビジュアルの一新
 ◇システムの変更
    ・友好度システムの有無
 ◇新モビルスーツとキャラクター
 ◇オンラインモード
 ◇有料DLC

【福井晴敏氏によるお披露目プレイ】
 お披露目プレイ

【体験版レポート】
 コントローラ設定やワラワラ感など
  ・プレイ画面の説明
  ・プレイしてみた感想

この体験会は公式等からブロガーさんを50人(抽選)ほど募って11月23日(火・祝日)にバンダイナムコの本社である
バンダイナムコ未来研究所にて行われた。

この日は朝から雨で昼過ぎには止むとの予報で体験会が行われる時間には計ったかのように見事に晴れてくれた♪



が会場となったバンダイナムコ本社(東京都品川区東品川4-5-15)




そして、今回の体験会には淳子さんBlog淳子の部屋)に撮影係兼道案内人として御一緒してもらった。




俺と淳子さんは本社前に12時半くらいに到着。
イベントは13時から開始で、一般の入場とは異なる手順で入場~♪






後に必要となるらしい整理券とゲストネームプレートを受け取り、まずはシアター内へ。









シアター内で行われたのは開発者トークとムービーのお披露目。

トークショーでは、ガンダム無双3のプロデューサーであるバンダイナムコゲームスの後藤能孝氏と、
コーエーテクモゲームスの鯉沼久史氏、さらに機動戦士ガンダムUCの小説版著者の福井晴敏氏
秘話などを聞かせてくれた。




司会者はこの方、岡嶋泰子さん。 
岡嶋泰子詳細








前作と変わった点は大きく分けて5つ。


.
◆1つめのポイントは各方面で既に知らされてる通り、『ビジュアルの一新』

今までのリアル系グラフィックからセルアニメ調のグラフィックへと変更され、よりアニメっぽく仕上がっている。
特にメカ系のテカリは前作までのピッカピカ感から、メタル性の重みのある光の反射へと変わり、
エフェクトもアニメ調ならではの「ぬるっと動く感じ」が出されている。








.
◆2つめのポイント『システムの変更』
上記写真のように300超のミッションに加え、戦力ゲージも変更された。
 ※前作にあった実績(トロフィー)「全ミッションクリア」は今作ではないようです。





プレイ画面右上にあるゲージが戦力ゲージ。
青が自軍で赤が敵軍、敵を倒すと赤のゲージが減り、見方がやられると青のゲージが減る。

前作まではプレイヤーが倒された時点でゲームオーバーだった為、HPが減ると
逃げてはゲージ回復を繰り返す必要があり、それでも倒された時のやる気ドレインは異常だった…。

しかし今作では青ゲージが残っていれば倒されても復活が可能

ただし、これには敵も当てはまる。
敵の戦力ゲージが残ってる内は一度倒した敵がどこかのエリアに再度出現したりする。

これにより前作よりも戦略の幅がかなり大きく広がった。



.
そして2つ目の変化は共感値
(これは前作にありプレイした人の殆どが面倒だと感じたであろうシステム。
 その存在の有無と詳細を聞けたので書いておく。)


「友好度システム」の有無についてだが厳密に言えばあるという事になるのかな?
ただし今作では共感度システムというもになっており、これは友好度システムの上位版らしい。


では共感度システムとはどんなものか。


友好度システムでは戦闘に参加して、そのパイロットを倒すと
友好度が下がるというものだったのに対し、
共感度システムは倒す事で共感度が下がるという事はなく上がる一方へ修正された

(偶然聞けたので当然載せちゃうよw。)


これにより、友好値の修正に明け暮れる戦いはなくなったと言える。

そして共感度を上げる事で特定のモビルスーツやミッションが選択可能となるらしい。
(体験版サポーターの方、聞いちゃいけなかったかもしれない情報、ありがとう御座いました)








.
◆3つめのポイント『新モビルスーツとキャラクター』
機動戦士ガンダムUCを初めとする14作品に関係するモビルスーツが参戦。





前作では戦って獲たパーツを組んでモビルスーツを作っていたが、今作では設計図を入手し、
その設計図をモビルスーツ研究所に持ち込むことでモビルスーツを作れる。

なのでステータスを上げるにはパーツではなく、より性能の良い設計図を獲ってくる必要がある。
尚、この辺は前作同様、難易度を上げる事で性能の良い設計図を入手できるとの事。











そして今作の大きな変更点といえるもの。
.
◆4つめのポイント『オンラインモード』





オンラインでは一人でクリアできないミッションを4人までのプレイヤーを募って共闘してもらいクリアするという事が可能。

この際、一人用で行えた「パートナーストライク」は「パートナーサポート」へと変わり
耐久力を回復させたり出来るようになる。

さらに、マッチングできない場合は一人でミッションを始めておき準備が整ったら参加してもらうなども出来るらしい。









.
◆5つめのポイント『有料DLC』
既にいくつかのDLC配信が決まっており、ステージだけではなくキャラクターの配信もあるとの事。







クシャトリア&マリーダの参戦やスサノオガンダムの存在も明らかに。





.





そしてひと通り説明が終わり福井晴敏氏によるお披露目プレイへと移行。
「一度は大画面でプレイしてみたかった」という福井晴敏氏の意見をくんで、
後ろの超特大画面でプレイすることにw。

福井晴敏氏はユニコーンガンダムでプレイ。
プレイ可能なキャラは全員Lv25に設定されていてチャージ攻撃も最大まで使えるようになっていた。

体験プレイの制限時間「8分」という設定に、惜しくもステージクリアは成らなかったが
ユニコーンガンダムの強さを見せ付けてくれた。






そして、シアター内で行われたトークショーは1時間弱で終了。




(左から後藤能孝氏、福井晴敏氏、鯉沼久史氏)



会場を2Fへと移し、体験プレイへと移行することに!




 

ここぞとばかりに、プレイエリアへ続く道のりに置かれた数々の展示品w。





.
ここで最初に配られた整理券が使われる…との事だったが殆どの方は
それらを完全無視で遊んでたw。



これがPS3版のコントローラ設定。
箱版も変化はなく、L2=LT R2=RT という事だった。





ロード画面。
PS3版では10秒くらい(?)のロード時間が掛かった。





≪クリックで拡大できます≫

無双シリーズでユーザーが一番気になる所と言えばワラワラ感
今作のワラワラ感はなかなかのもので、結構な量の敵がプレイヤーキャラを取り囲む。


.
画面の説明
左上にS字に伸びる水色のゲージがスラスターゲージ
(ダッシュ時にコレを確認しながら移動する訳だが、少々見づらいのが難点か…)

そしてその横の緑バーが耐久力(HP)、今作では耐久力にダメージを受けるとダメージ幅に紫ゲージが現れる
この紫ゲージは更なる攻撃を受けず、且つこちらも攻撃を行わなければ自動回復するようになっているみたい
(この辺は初期からの設定ではなくスキルとかで変化する可能性は否めないが…)

その下のピンクのバーと、くの字のゲージが奥義ストック
ピンクバー(無双ゲージ)のゲージが右へと伸びMAXで、無双奥義用のくの字ゲージが1個ストックされる。
無双奥義は前作同様、空中でも出せる(奥義内容も異なる)。

さらに無双ゲージの右にある◇がパートナーストライク
◇のゲージが溜まっていき、点灯するとR2(RT)でパートナーを呼べる。

画面中央上部にあるゲージは拠点ゲージ
左へと減っていき、なくなると拠点を制圧できる。

画面右上部にあるのは少し前で紹介した戦力ゲージ。

その下にはMAP。
MAPはL2(LT)で拡縮が可能。

MAPに記された絵のあるエリアは重要拠点。
制圧しておくと特殊な効果が得られる場合がある。

画面には無いもので追加されたアクションがひとつ。

「エマージェンシーダッシュ」

これは攻撃を受けているときにXまたはAを押す事で緊急回避ダッシュが出来るというもの。
体験版で実際やってみて思ったのが、使い方によってはこれは凶悪かもしれないという事。
なんせ敵の無双奥義中でもエマージェンシーダッシュで回避できてしまうから。





そして例によって鍔迫り合いはQTE。
(苦手だっつーのに…orz)



.
◆◇プレイしてみた感想
実際やってみてかなりの出来だと思った!

PS3とXbox360の画質もプレイしてみても違和感は感じられなかったので
買って損はないレベルと判断。

ワラワラ感も申し分なく爽快感も充分。

ストレス解消にもなるし、たった8分間だったがやってて楽しかった。
ゲームにおいて楽しめるかどうかは重要だと思う。
特に無双系はw。

そんな訳で、お世辞は抜きにこの作品は万人に推薦できるゲームだと思う。

ちなみに俺はXbox360版を買います!




発売日は12月16日、基本価格は7,800円

ガンダム無双3 特典 武者ガンダム&武者ガンダムMk-IIダウンロードパスワード同梱
【Xbox360】ガンダム無双3 特典 武者ガンダム&武者ガンダムMk-IIダウンロードパスワード同梱
【PS3】ガンダム無双3 特典 武者ガンダム&武者ガンダムMk-IIダウンロードパスワード同梱







Link to
公式: ガンダム無双3

 4Gamer.net
  「ガンダム無双3」完成披露イベントレポート

 ファミ通.com
  『ガンダム無双3』体験会、注目の機体はやはりユニコーンガンダム

 電撃オンライン
  『ガンダム無双3』の爽快感を体験

関連記事

Trackback [0] | Comment [2] | Category [GAME関連総合] | 2010.11.24(Wed) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


No title

あ~、欲しくなってきちゃ~たw
もうちょっと安かったら即ポチなんですが・・・。
でも買っちゃいそうな気がするw

2010.11.24(Wed) 07:58 | ぶーげん [URL] | 編集 | ▲PageTop

ぶーげんさん

値段ねぇw
箱版は現時点のアマゾンで6,211円ですね。

ちょっと高いかも知れんけど買って損は無いと思うよ~。
後フレさんで買う人が多いほど乱入しやすくなるしw♪


2010.11.24(Wed) 19:20 | 影狼 [URL] | 編集 | ▲PageTop

 Google検索
 最新記事
 スポンサードリンク


 ったー
 Amazon
Amazon キーワード検索:


 プロフィール

影狼

Author:影狼
影狼のプロフ

★ブログバナー
 

★Blog Ranking
 
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

 ゲーマーカード

 Blog Counter
 リンク総合
 アクセスランキング

集計は月末毎にリセットされます
 FC2 Ranking
[ジャンルランキング]
ゲーム
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マイクロソフト(xbox360)
2位
アクセスランキングを見る>>
 QR Code
QRコード
 その他いろいろ

free counters


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。